スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サドルを交換。

思い切ってサドルを交換してみました。
サドルは以前から気になっていた「タスク」です。

DVC00032_small.jpg

今回はモーリスのギターにつけてみました。
初代のモーリスのギターは弦高が低すぎ音がビビッてしまうしネック調整もあまり効果が出ないので
サドルの交換をしてみます。
先日、島村楽器さんでも相談してみたのですが、プロのメンテに出してやってもらったほうが良いと言われたのですが・・・
ついついやってみたくなり、楽天市場で840円で購入しました。

付いていたサドルをペンチで抜き、大きさ、形を整えました。
紙やすりを平らなところに置いて、根気良く片ベリしないように削り、形も付いていたサドルの形にしました。
そして、はめて弦を張りチューニング♪
そしてジャラ~ン♪!!! ぶっ飛び!!音が全然変った! 

メチャメチャ良い音! ホントにびっくりしました。
え~ こんなに変るのー!
高音の響きもいいし、なにより倍音がすごく良いのです。
弾くとボディー全体でなっているのが身体にビンビン伝わってきます。

以前紹介したモーリスW-18 お店で一番易かったオール合板のギターです。
かなり弾き込んでいるのでそれなりにいい音していたのですが、気持ちいい音になりました♪
弦を新しいものに交換したときとは違う変化でした。
後はもう少し弦高の調整をしなくてはなりませんが・・・。

まあ価格的にもお手頃なので既製のサドルを丁寧に外し、無くさないようにしておけば挑戦の価値ありですね!

また調達して他のギターにも試してみようっと♪

モーリスW-18

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

ギターのお手入れ♪

ギターの手入れを久しぶりにしてみました。
先日、札幌の島村楽器に行って弦など色々買ってきました。

そのときギター用のポリッシュも買ったのですが、今回は指板もお手入れしたかったので「ネックオイル」も購入しました。
実は恥ずかしい話、指板は今までほとんど手入れしたことが無かったのです。というよりしなくてはならないとは思っていませんでした・・・・
色々とギターに関するブログ等を読んでいると、指板の手入れを怠ると指板が割れたりして取り返しのつかない事態になる場合もある!と言うことを知ってしまったのです。
「かなりダメージは来てるな」と思ってはいたのですが、よくよく見るとかなり乾燥もして結構減ってもいます。

そこで今回はこの2点でお手入れしました♪
左がネックオイル、右がギターポリッシュです。
レモンオイルで両方兼ねようかと迷ったのですが、こちらはほぼ無臭だし島村楽器でのメンテナンスにも使用していると言うことでお奨めされたので、コレにしてみました。

DVC00022_small_20100213191955.jpg


キャッツアイのネックにオイルを塗ってみました。
しっとり潤いを得て、気持ちよさそうです。
良く押さえる部分が減ってしまっていますし結構乾燥もしていたのでやってよかったです♪
ボディも磨きピカピカになりました。

ネックDVC00028_small_20100213191349.jpg

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

2代目ギター キャッツアイ CE-500

今回は2代目のギター キャッツアイ CE-500です♪
このギターは高校入学のお祝いに親から買ってもらいました。
高校は苫小牧東高校だったので、当時苫小牧の駅前通りにあった楽器店(さいとう楽器ではなかったような気がします)名前が思い出せないのですが・・・ そこで5万円で買ったギターです。

キャッツアイは東海楽器の製品なのですが、当時はマーチン社の日本総代理店で技術提携をしていてマーチンをモデルにした良い作りのギターという事を聞きキャッツアイに決めました。
この時のギターの購入基準は「トップが単板のギター」でした。 単板のギターが弾いてみたかったのです!!

キャッツアイCE-500 大

東海楽器 キャッツアイ CE-500 50,000円
◆トップ/スプルース単板
◆サイド&バック/ローズウッド
◆ネック/マホガニー
◆指板・ブリッジ/ローズウッド

このギターは高校時代弾きまくりました。
当時下宿をしていたのですが、その下宿は大きな下宿で学生寮のようなイメージでした。
毎日のように私の部屋に数人集まり、彼らが歌いたい歌をリクエストされそれを私が弾いて彼らが歌うのですが、そんなことを毎日のように良くやっていました。

曲はフォークソングかニューミュージック系で特に「松山千春さん」や「長渕 剛さん」なんかは良く弾きました。

その後大学に入りアパート住まいになり近所への気遣いからギターを弾かなくなりました。
そして地元に帰り家業を継いでからも弾くことはなく、あるとき親戚の女の子が大学に入り「ギターが欲しい」というのでこのギターを譲りました・・・・

実はこのキャッツアイがずっと気に掛かっていたので、数年後女の子の親御さんと話す機会があり「チョッと弾きたいので返して欲しい」と頼んでみたところあまり弾いていないらしく快諾してくれ、このギターは手元に帰ってきてくれました。
その後もしばらくは弾かなかったのですが、5年ほど前から弾き始め今はしょっちゅう弾いています♪

さすがに弾きこんだギターだけあり本当に良い音で鳴ってくれています。
音のバランスが良く、弾いているとボディー全体で鳴っている感じが身体に伝わってきます。
フィンガーピッキングで弾いても強くストロークしても本当にいい音です。

DVC00007_small(1).jpg

実は当時の素人考えでサドルピンはブラスに変えています。
当時オベイションのアダマスを弾くアーティストが多く、あの音に憧れ音が変るかな?と思い変えた記憶があります。
こんなのでオベイションに近づくはずないですよね(笑) それで今もそのままにしています。

ボディの色も年月と共にアメ色がかって良い色になっています♪

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

初代ギター モーリス W-18

「モーリス持てばスーパースターも夢じゃない」当時のギターキッズはみんな覚えてますよね~
私が始めて所有したのがこのモーリス W-18です。
中学1年生のとき親に頼み込んでクリスマスか誕生日のプレゼントに買ってもらったものです。
隣町の静内町(当時)のKANO楽器店で一番安いギターを探して買いました。
選ぶ基準は「一番安いギター」でした。
何故かと言うと当時デビューし人気が出ていた、我等が道産子シンガーソングライター「松山千春」さんがラジオかなにかで「最初に買ったギターは一番安い1万円のギターだった」と言っているのを聴き、自分も一番安いギターを買うと決めていたのです(笑)。
本当は1万円の物を探したのですが、これが一番安く18,000円でした。しかも当時流行の「モーリス」です。
迷わず即決した覚えがあります。
それ以来このギターが自分をギターの虜にしてくれ、いろんな仲間を作ってくれました♪

モーリスW-18
モーリス W-18 18,000円
◆トップ/スプルース
◆サイド&バック/トーグ
◆ネック/ナトー
◆指板・ブリッジ/ローズウッド

このギターは強くストロークすると弦がフレットに触れ音がビビル傾向が最初からあり、当時見よう見真似で(汗)ロッドの調整をしてみたりもしましたがあまり改善しませんでした。
それでも弦高が低くコードが押さえ易いので初心者にとっては良かったのだと思います。

買ってもらってからは毎日朝起きて弾き、学校から帰ってきては寝るまで弾きと寝てもさめてもギターを弾きまくっていました。
多分所有しているギターの中で一番弾き込んだので今も良い音で鳴ってくれています♪

あまり気を使わなくていいので今も茶の間の片隅に立てかけ、何かの合間に手を伸ばし弾いています。
僕にとってはギターを弾く楽しみを与えてくれた大好きなギターです。
多分一生傍らに居続けることでしょう。

DVC00009_small.jpg
モーリス W-18

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード